決算書入力の注意点・解説

入力項目について

入力する際に、特にご注意していただく項目

  • 流動資産合計

    流動資産の合計を入力。

  • 現金・預金

    小口現金、小切手、郵便為替、普通預金、当座預金等を入力。

  • 受取手形(割引分除く)

    受取手形。商品・製品の販売や請負工事、サービス提供などによる営業収入の代金で手形により受取ったもの。
    営業外の取引に基づく受取手形(設備等の売却に伴う受取手形、手形貸付金など)を除く。

  • 売掛金

    売掛金、営業未収入金、工事未収入金。商品・製品の販売や請負工事、サービス提供などの営業上の未収入金。
    営業外の取引に基づく未収入金(設備等の売却に伴う未収入金など)を除く。

  • 棚卸資産

    棚卸資産、未成工事支出金、半成工事。商品・製品、半製品、仕掛品、原材料、貯蔵品など。

  • 固定資産合計

    固定資産の合計を入力。

  • 有形固定資産合計

    有形固定資産の合計を入力。

  • 土地

    土地のみを入力。

  • 資産合計

    資産の合計を入力。

  • 流動負債合計

    流動負債の合計を入力。

  • 短期借入金

    当座借越、証書借入金および手形借入金で1年以内に期限の到来するもの。1年内償還予定の社債を含む。

  • 長期借入金・社債

    社債・借入金および手形借入金。

  • 純資産合計

    純資産の合計を入力。

  • 受取手形割引高

    金融機関等で割引いた受取手形で期限の到来しないものの期末残高。通常は貸借対照表の枠外に記載あり。
    貸借対照表の貸方(負債の部)に計上した場合は、同額を以下の各科目から控除する。
    (1)受取手形、(2)流動資産、(3)資産合計、(4)流動負債

  • 受取手形裏書譲渡高

    裏書譲渡した受取手形で期限の到来しないものの期末残高。通常は貸借対照表の枠外に記載あり。
    貸借対照表の貸方(負債の部)に計上した場合は、同額を以下の各科目から控除する。
    (1)受取手形、(2)流動資産、(3)資産合計、(4)流動負債

  • 期末従業員数

    期末の従業員数を入力。

  • 売上高

    売上高を入力。

  • 売上総利益

    「売上原価」が無い場合には、売上高と同じ数値を入力。

  • 営業利益

    営業利益を入力。

  • 受取利息配当金

    受取利息・割引料・有価証券利息および受取配当金合計。

  • 支払利息割引料

    支払利息、社債(含ワラント債)・転換社債利息等および受取手形の割引料。

  • 経常利益

    経常利益を入力。

  • 減価償却実施額

    有形固定資産、無形固定資産等の減価償却実施額の合計。
    「製造原価報告書」及び「販売費および一般管理費の内訳」に計上された減価償却費の合計額。

  • 前期資産合計

    前期の資産の合計を入力。

  • 前期純資産合計

    前期の純資産の合計を入力。

  • 前期売上高

    前期の売上高を入力。

バランスチェックについて

入力されたデータは、以下のバランスチェックを行います。
この関係式が成立していない場合は入力項目の不備として処理されますので、
コメントに従って該当項目を確認してください。

・流動資産合計  ≦  資産合計
・土地  ≦  有形固定資産合計
・固定資産合計  ≦  資産合計
・短期借入金  ≦  流動負債合計
・純資産合計  ≦  資産合計
・売上総利益  ≧  営業利益
・有形固定資産合計  ≦  固定資産合計
・流動資産合計+固定資産合計  ≦  資産合計
・流動負債合計+長期借入金・社債+純資産合計  ≦  資産合計
・営業利益  ≦    売上高

期末従業員数には正数値を入力してください。